【成人祝い】のし袋の書き方!熨斗(のし)のマナーや水引について解説。

本記事では、成人祝いの熨斗紙(のしがみ)や熨斗袋(のしぶくろ)の書き方を、画像を使って書き方例について解説していきます。

また、実際に画像を使って書き方例も紹介していくので、熨斗袋の書き方や熨斗紙の書き方を知りたい方はぜひ参考にしてください!

【成人祝い関連記事】

成人祝いにおすすめなサプライズ演出を紹介。成人の日/成人式には盛大にお祝いをしよう!
成人祝いにできるおすすめのサプライズ演出を紹介!新成人の方に驚いてもらえるお祝いをしたい方や成人祝いらしいサプライズをしたい方は必見です!
予算10,000円で贈る成人祝いギフトを紹介!熨斗(のし)のマナーについても解説。
予算10,000円でプレゼントできるおすすめの成人祝いをご紹介!彼氏や彼女、友達、甥、姪、息子、娘など男性女性問わず新成人への成人祝いギフトを探している方必見です!また成人祝いのマナーや熨斗(のし)のマナーについても解説していきます!

そもそも熨斗(のし)とは

そもそも熨斗とは、図の右上の部分にある飾り付けのことです。

しかし、熨斗袋(のしぶくろ)や熨斗紙(のしがみ)自体のことを熨斗と呼ぶ場合もあります。

成人祝いも含めて、〇〇祝いといったような慶事のお祝いの際には、熨斗を付けてお祝いの品やご祝儀を贈るのが一般的です。

内熨斗、外熨斗の違いなど熨斗に関する詳細は以下の記事で解説しているのでぜひご覧ください。

熨斗(のし)の書き方やマナー、水引の種類と意味について。内熨斗と外熨斗の違いや水引きの使い分けを一覧でご紹介。
今更聞けない「熨斗(のし)」のこと。なんとなく知っていても贈り物をする際、水引の種類や書き方、マナーが分からないと困る場面が出てきます。今日は、そんな熨斗(のし)について解説していきます。

熨斗紙(のしがみ)と熨斗袋(のしぶくろ)の違い

熨斗紙と熨斗袋に大きな違いはありません。

あえて使い分けるとすると、熨斗紙と熨斗袋は、贈る「内容」によって使い分け方が変わります

例えば、熨斗紙は「お祝いの品」を包む際に使用するため、包装紙的な役目を持っています。

そのため、物を贈る際は熨斗紙をかけると良いです。

そして、物ではなくお金を贈る際は、熨斗袋を使用します。また熨斗袋は、ご祝儀袋や金封と呼ばれる場合もあります。

水引の色と種類について

熨斗紙や熨斗袋にはそれぞれ、水引(みずひき)と呼ばれる飾り紐をかける必要があります。

ただし水引には結び方や色によって意味合いが変わるため注意が必要です。

成人祝いでは、蝶結び(花結び)が正しい水引です。

間違えて、「結び切り」や「あわじ結び」の水引にしてしまわないように注意しましょう。

また、水引の色は、紅白(赤白)のものを選ぶと良いです。本数も選ぶことができるのであれば、5本または7本の水引が良いです。

成人祝いの表書きの種類

熨斗上にはお祝いの名目である表書きを記載します。

成人祝いの場合の表書きは、「御祝」「御成人祝」「祝成人」「成人祝」「祝御成人」「成人式御祝」などがあります。

どれを選んでも良いので書きやすいものを選びましょう。

また、熨斗下部分(熨斗紙の下半分)には、送り主の名前を記載します。

間違えて贈る相手の名前を書いてしまわないように気をつけましょう。

熨斗袋の書き方

熨斗袋に書く内容は「表書き」と「贈り主の名前」の2つです。

熨斗上(上半分)には表書きを記載します。ここには「御成人祝」「祝成人」など書きやすい表書きを書くと良いです。

また、熨斗下(下半分)には「贈り主の名前」を記載しましょう。つまりあなたの名前です。

間違って成人祝いを贈る相手の名前を書いてしまわないように注意してください。

表書きや名前を書く際は、筆や筆ペンで書くのがおすすめです。

中袋の書き方

中袋とは、熨斗袋(ご祝儀袋)の中にあるお金を包む封筒のことです。

そんな中袋には、表は封入するお金の金額、そして裏側には贈り主の名前、住所を書くのがマナーです。

また、封入する金額は旧字体の漢数字で記載するのが、熨斗袋の正式なマナーとされています。

例えば1万円なら「金 一万 円」ではなく「金 壱萬 円」となります。

以下参考にしてください。

  • 1万→壱萬
  • 2万→弐萬
  • 3万→参萬
  • 5万→伍萬
  • 7万→漆萬
  • 8万→捌萬
  • 10万→拾萬(壱拾萬)

「円」を「圓」と記載するとより丁寧な印象になります。

中袋を書く際も、できるだけ筆や筆ペンを使用しましょう

また中袋を包む際は、下の図のように下側が上に重なるように包みましょう。

【場面別】熨斗の書き方

成人祝いの熨斗紙の書き方を、場面別に画像を使って解説していきます。

一人で贈る場合

成人祝いを一人で贈る場合は、上の図のように熨斗上(上半分)に御成人祝などの表書きを記載し、熨斗下(下半分)にご自身の名前を記載しましょう。

間違って新成人の方の名前を書いてしまわないように気をつけてください。

夫婦で贈る場合

夫婦で成人祝いを贈る際は、上の図のように連名で記載します。

一人で贈る場合と異なる部分は、熨斗下(下半分)の贈り主の名前の部分です。

夫婦など二人で贈る場合は、二人分の名前を記載します。ただし夫婦の場合は、苗字が同じため苗字は一人分で問題ありません。

また、名前を書く順番は基本的に男性が右側、女性が左側に書くのが一般的です。

3人以上で贈る場合

3人で成人祝いを贈る場合も連名で名前を記載します。フルネームで記載するのがより丁寧ですが、名前だけでも良いです。

また並び順は、年齢や地位が高い方を右から記載します。

全員同じ年齢、同じ地位の場合はあいうえお順で記載すると良いでしょう。

4人以上、団体で贈る場合

個人ではなく、団体から成人祝いを贈る際は上の図のように団体名を記載します。

熨斗紙に記載する名前の人数は基本的に3人までなので、4人以上で成人祝いを贈る場合は、団体名を記載するか代表者1名を記載し「外一同」と記載する方法がおすすめです。

熨斗袋・ご祝儀袋のマナー

熨斗袋・ご祝儀袋のマナーを解説していきます。

成人祝いの金額相場

成人祝いのお祝い金の相場は、一般的に10,000円から30,000円ほどだと言われています。

息子、娘へ贈る場合は、少し相場も上がり10,000円から50,000円の場合が多いそうです。

あくまで相場ですが、熨斗袋・ご祝儀袋にお金を包む金額の参考にしてください。

新札を用意する

熨斗袋に包む成人祝いのお祝い金は、新札で用意するのがマナーです

旧札を包むのは、失礼にあたります。新札は銀行窓口や郵便局で両替・引き出しが可能です。

お金の向きを揃える

熨斗袋・ご祝儀袋にお金を入れる際は、お金の向きを揃える必要があります

お金の向きは、最初に肖像画が現れるように揃えて入れる入れ方が正解です。

つまり表側の上に肖像画が来るようにお祝い金を入れましょう。

熨斗の注意点

続いて、熨斗紙や熨斗袋の注意点について解説していきます。

ボールペンに注意!

熨斗紙や熨斗袋に表書きや名前を書く際は、必ず筆や筆ペンを使用しましょう

筆や筆ペンがない場合は、太めのペンでも良いですが、ボールペンで書くのは、マナーとして良くないため避けましょう

熨斗袋のデザインに注意

熨斗袋・ご祝儀袋には様々なデザインがありますが、どれを選んでも良いわけではありません。

熨斗袋・ご祝儀袋は包む金額にあったデザインのものを選ぶ必要があります

〜3万円ほどの場合は、300円前後で購入できる熨斗袋・ご祝儀袋が良いです。

5万円〜10万円ほど贈る場合は、鶴や亀、松などの飾りをあしらった華やかな熨斗袋・ご祝儀袋を選びましょう。

水引の種類と色に注意

熨斗紙や熨斗袋の水引の種類や色には特に注意が必要です。

成人祝いでの正しい水引の種類は「蝶結び(花結び)」で色は「紅白(赤白)」です。

また、水引の本数は5本、または7本のものを使用すると良いでしょう。

       本数の違い
3本結び3本結びは、5本結びのいわば簡素化されたものです。
主に粗品などで使用されています。
5本結び水引の基本となるのはこの5本結びです。
祝儀にはもちろん、不祝儀でも使用が可能です。
多くの贈り物に使用されています。
7本結び5本結びをより丁寧にしたのが7本結びです。
7本結びも祝儀、不祝儀どちらでも使用が可能です。
10本結び10本結びは主に、結婚祝いなど婚礼に関するお祝いの贈り物に使用します。
偶数は縁起が悪いと言われていますが、なぜ10本結び使われているのかと言うと、ここでは「10」という捉え方ではなく、縁起の良い「5」が2つと言う意味だからです。それは豪華さだけではなく、夫婦が二人で一つと言う意味が込められています。

成人祝いによくある質問

最後に成人祝いの際によくある質問をまとめました。

成人祝いを渡すタイミングについて

Q
成人祝いを渡すタイミングはいつ?
A

成人祝いを渡すタイミングは、年明け〜成人の日までと言われています

ただし、年明け早々や成人の日当日は、忙しい可能性があるため避けた方が良いでしょう。また成人の日より遅くなってしまうのも好ましくありません。

熨斗袋の購入場所について

Q
熨斗袋はどこで買えますか?
A

熨斗袋は、文房具店、Amazon等の通販サイトで購入できます。

また、コンビニやスーパーでも販売している場合もあります。

成人祝いの熨斗のマナーまとめ

本記事では、成人祝いの熨斗の書き方、そしてマナーについて解説しました。

熨斗紙や熨斗袋に名前を書く際は、新成人の名前ではなく贈り主の名前(あなたの名前)を書きましょう。また表書きや名前は、筆や筆ペンで書くのがマナーです。

お金を包む際は、新札を用意しお金の向きにも注意してください。

ぜひ、マナーを守って新成人の方を盛大にお祝いしてあげてください!

タイトルとURLをコピーしました